介護資格最短取得マニュアル《費用も抑えて資格ゲット》

介護資格の概要

実務者研修

介護職に関わる人がまず取得する資格が「実務者研修」です。実務者研修とは、介護福祉士になるために欠かせない基礎知識、情報、技術を学ぶ研修になります。介護福祉士としては必須な知識を身につけることができるのです。今までまったく介護に関係する知識や資格を持っていない未経験者でも取得することができます。国家資...

≫続きを読む

 

介護福祉士は国家資格

国家資格である介護福祉士はずっと介護関係で働こうと思っている人には必ず取得しておいてほしい介護資格のひとつです。介護福祉士を持っている人と持っていない人とでは担当する仕事の範囲も給料も立場も変わります。介護に関する中心的な仕事をこなすことができるのが介護福祉士であり、介護施設においては重宝される立場...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

介護資格のひとつであるケアマネージャー(介護支援専門員)はケアマネと略称して呼ばれています。ケアマネのお仕事は介護施設やデイサービス、訪問看護を利用する人たちの相談、これからの介護スケジュールについて利用者と話し合っていくことになります。いわゆる窓口業務です。その介護施設の顔として利用者をサポートし...

≫続きを読む

 

介護保険事務(ケアクラーク)

介護施設の経営から医療機関の料金、保険などの仕組みが分かる専門的な知識を身につけられる資格が「介護保険事務(ケアクラーク)」です。少子高齢化が進んでいる今の世の中、介護業界で働く人手が少なくなってきています。それと同時に需要も高くなっており、介護関連の求人が年々増えてきているのです。介護関連の仕事に...

≫続きを読む

 

ガイドヘルパー(移動介護従事者)

ガイドヘルパー(移動介護従事者)は1人では外出することができない方を介助し、社会的自立の手助けを行う仕事内容となっています。歳をとるたびに足や腕のコントロールがきかなくなり、人の手がないと外出することができなくなってしまう高齢者が多いのですが、いつまでも家の中に居るとストレスが溜まってしまい、体にも...

≫続きを読む

 

介護予防運動指導員

さまざまな介護資格がある中、最近注目されつつあるのが「介護予防運動指導員」の資格です。介護予防運動指導員とは介護を必要としている高齢者が介護の手を必要とすることなく生活することができるように運動のサポートをする大切な役割をもっています。運動サポートをしていく人がどの部分に不満を持っているのか、そして...

≫続きを読む

 

福祉用具専門相談員

車いす、介護用ベッド、歩行器、ポータブルトイレ、シャワーチェア、入浴補助用具、入浴用リフト、段差解消機、立ち上がり座椅子、スライディングボード、六輪歩行器などさまざまな福祉用具があります。これらの福祉用具の貸し出しや管理、使い方の説明など利用者に対して行うのが福祉用具専門相談員のお仕事です。介護資格...

≫続きを読む

 

福祉住環境コーディネーター

これから徐々に需要が高まっていくだろうと考えられている職種が福祉住環境コーディネーターの仕事であり、介護資格のひとつでもあります。福祉住環境コーディネーターとは高齢者や障害者にとって住みやすい環境造りを行うお仕事をすることになります。どのような住居であれば住みやすくなるのか、階段をスロープにしたり、...

≫続きを読む

 

高齢者コミュニケーター

あまり聞きなれない介護資格である「高齢者コミュニケーター」とは、高齢者とのコミュニケーションを図るために必要な会話のスキルを磨く資格です。これから高齢者が増えていく中、高齢者と触れ合う機会も増えていきます。そこで上手にコミュニケーションをとることができればどのような人とでも会話をすることができ、仲良...

≫続きを読む

 

社会福祉士

社会福祉士は国から決められた資格のひとつであり、「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ