福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

住まいから介護をサポートする「福祉住環境コーディネーター」

これから徐々に需要が高まっていくだろうと考えられている職種が福祉住環境コーディネーターの仕事であり、介護資格のひとつでもあります。
福祉住環境コーディネーターとは高齢者や障害者にとって住みやすい環境造りを行うお仕事をすることになります。
どのような住居であれば住みやすくなるのか、階段をスロープにしたり、車椅子に乗っている人のために通路を広くしたり、手すりをお風呂場につけたりとその人にとって必要になるものを考えていきます。
住まい環境を整えるためにもケアマネジャーや建築に関わる人と緻密な計画を練っていかなければなりません。
福祉住環境コーディネーターという資格は1999年に始まり、比較的新しい資格となっているのでまだあまり注目されていませんが、これから高齢者が増えていくにあたり、福祉住環境コーディネーターが活躍する場は増えていくものと考えられています。
どの部分に不自由さを感じているのか高齢者や障害者と話し合い、適切な住まい環境が整えられるための知識はすべて身につけておかなければなりません。
医療や保健、福祉だけでなく、福祉用具や住宅に関する知識も必要です。
介護保険が2000年に導入されたことで住居環境の一部を保険でまかなうことができるようになりました。
それからどんどん住まいをより自分にとって住みやすい環境にするために改修する家庭が増えていき、福祉住環境コーディネーターの需要も高まってきているのです。
建築に興味があり、高齢者や障害を持っている人たちが安心して生活することができる住居をデザインしたい、建築関係で役に立ちたいと思っている方にはぜひ持っておいてほしい資格です。
レベルが高いものから1級・2級・3級と分かれています。


ホーム RSS購読 サイトマップ