社会福祉士

社会福祉士

幅広い知識が身につく国家資格「社会福祉士」

社会福祉士は国から決められた資格のひとつであり、「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを業とする者」と法律的に決められています。
社会福祉士という名前を持って働くためにはしっかり資格を取得しなければならないと規約にあるように、社会福祉士の資格を取得すれば社会的地位も得られることになります。
主に社会福祉に関する業務を担当することになり、高齢者や障害者の方がもっている悩みの相談や社会福祉のアドバイス、指導、日常生活における問題解決などなど仕事内容は幅広いです。
職場によって仕事内容が変わる傾向があります。
例えば、介護施設で社会福祉士として働くのであれば高齢者がより楽しく生活するための助言や悩みの解決、アドバイスをすることになります。
社会福祉協議会で働く場合は、今現在社会福祉の中で抱えている問題の解決策やプログラムの企画などをしていきます。
地方にある福祉事務所といったところでは社会制度の情報提供、相談援助・業務をこなしていきます。
基礎的なアドバイスから専門的な知識・情報を身につけた上でプロとして的確なアドバイスをすることが大事なポイントになってくるのでそのような能力をもっておかなければなりません。
社会福祉士は国家資格となるので1回取得すればずっと自分のスキルとしてもっておくことができます。
職場でも大きく影響してくる資格です。
活躍する幅が広くなってきている社会福祉士の資格を取得して人の役に立つことができる仕事をすることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ