ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャー(介護支援専門員)

施設利用者の家族の相談役「ケアマネージャー(介護支援専門員)」

介護資格のひとつであるケアマネージャー(介護支援専門員)はケアマネと略称して呼ばれています。
ケアマネのお仕事は介護施設やデイサービス、訪問看護を利用する人たちの相談、これからの介護スケジュールについて利用者と話し合っていくことになります。いわゆる窓口業務です。
その介護施設の顔として利用者をサポートしていくことになります。
ケアマネは非常に大事なポジションでもあるのでコミュニケーション能力やその人の状況をみて、合った介護サービスを提供していかなければなりません。
利用者が希望とするサービスは何なのか、悩みに迅速に対応していき、満足のいくサービスが受けられるように知識や情報、受付業務の流れも把握しておく必要があります。
介護サービスを利用しようと考える人の多くが最初に関係してくるのがこのケアマネージャーになるのです。
ケアマネージャーの資格は利用者のサポートをすることができる知識・情報を学ぶことができる内容になっています。直接利用者を介抱・介護することはありませんので体力は必要ありません。主に受付業務と思っておいて良いです。
しかし、ケアマネは利用者だけでなく、利用者の家族とのコミュニケーションも必要となってきます。
家族や利用者の意見を聞き、どちらの意見もしっかり組んだ介護スケジュールを立てていかなければなりません。スムーズに計画することができる力をつけていくことができますし、利用者にも家族にとってもケアマネの存在は大きくなっていきます。
ケアマネの信頼性が高くなるとより頼られることになる立場になるのでどのような問題にも解決できる能力を持っておくことが大事です。
ケアマネとして役に立ちたい方はケアマネージャー(介護支援専門員)の資格を取得してください。


ホーム RSS購読 サイトマップ