介護福祉士は国家資格

介護福祉士は国家資格

正社員を目指す人は取得しておきたい国家資格「介護福祉士」

国家資格である介護福祉士はずっと介護関係で働こうと思っている人には必ず取得しておいてほしい介護資格のひとつです。
介護福祉士を持っている人と持っていない人とでは担当する仕事の範囲も給料も立場も変わります。
介護に関する中心的な仕事をこなすことができるのが介護福祉士であり、介護施設においては重宝される立場となるのです。
お年寄りの排泄介助、食事補助、身の回りのお世話をすべてこなすための情報や知識を身につけるために必要な資格であり、この資格をもっている人といない人とでは大きな違いがあります。国家資格となっているので介護福祉士の資格を持ってさえおけば介護施設で有意義に働くことができます。
アルバイトやパートではなく、介護施設の正スタッフとして働いている人の多くはこの資格を持っていると言えます。
介護福祉士は法律で「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と記載されています。
国家資格ともなっている介護福祉士なので介護関連の専門学校に通うと必ず取得しなければならない卒業資格となっているところもあります。
国家資格=国から認められた資格となるため、影響力は大きいのです。
法律によって社会的地位も得られるようになっており、資格をもっておくと社会からの信頼性もそれなりに高くなるということです。
介護福祉士は国家資格のひとつであること、そして介護関係のお仕事にずっと就いていたいと考えている人は特に取得しておいてほしい資格であることを覚えておいてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ