介護予防運動指導員

介護予防運動指導員

高齢者の健康的な体づくりを手助けする「介護予防運動指導員」

さまざまな介護資格がある中、最近注目されつつあるのが「介護予防運動指導員」の資格です。
介護予防運動指導員とは介護を必要としている高齢者が介護の手を必要とすることなく生活することができるように運動のサポートをする大切な役割をもっています。
運動サポートをしていく人がどの部分に不満を持っているのか、そしてその日の状態によって合わせた運動プログラムを立案し、指導をしていきます。同じ施設内の医療スタッフや福祉関係の方とのコミュニケーションも大事になってくるものです。
プログラムを立案し、筋力増量、バランス、軽い運動などさまざまな運動をサポートすることになります。
適切な運動サポートをするためにもそのために必要な知識や情報を知っておかなければなりません。
介護予防運動指導員は基本的な運動からサポートの仕方、専門的な知識など運動サポートについてさまざまな知識を身につけることができる資格です。
介護予防運動指導員として介護・医療施設で働いている人も多く、最初は顔が暗かった利用者がどんどん明るくなっていく様子をみて、こちらも勇気付けられた、うれしくなったとやりがいのある声をたくさん頂いています。
この知識を持っておくと身近な存在である家族が介護を必要としているときに教えてあげることもできるのでさまざまなところで役に立ちます。
介護予防運動指導員の資格を持っておくと介護予防のプログラム立案、指導から指導をした後の効果を記録し、専門職の方たちとの連絡でより効率的に利用者の運動サポートを行っていくことができます。
どの介護資格を取得しようか悩んでいる方はぜひ介護予防運動指導員の資格について学んでみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ