介護資格最短取得マニュアル《費用も抑えて資格ゲット》

介護資格の取り方

実務者研修

実務者研修の取得方法はとても簡単です。今まで介護職の経験がまったくない方でも気軽に取得することができるので安心してください。専門学校に通っている学生の多くが1番はじめに取得する介護資格でもあり、一般人のほとんどが通信講座を利用して実務者研修を習得しています。通信講座はインターネットや電話、新聞にはさ...

≫続きを読む

 

介護福祉士は国家資格

介護福祉士を取得するためには、最後に必ず国家資格試験を受けて合格しなければいけません。さらに、国家資格を受けるためには数々の段階を踏んでいかなければならないので事前に確認しておくことが重要です。介護福祉士の試験を受けるための道のりは全部で4つの種類があります。まず1つ目は福祉系高等学校で介護福祉につ...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーの取得方法は一定の資格と実務経験をもっていなければ試験を受けることはできません。実務者研修のように誰でも取得できるとは限りませんので注意してください。受験資格がある人は大まかに分けると3つあります。1つ目は指定されている国家資格を持っている人です。ケアマネージャーの受験資格がある国家...

≫続きを読む

 

介護保険事務(ケアクラーク)

介護関係の施設で受付業務や介護保険に関する案内に欠かせない介護保険事務(ケアクラーク)の取得方法は通信講座や資格スクールの2通りがあります。街中や主要駅の前にはさまざまな資格を取得することができる専門のスクールがいくつか存在しています。スクールの選び方としては自分がもっとも通いやすい場所にあるスクー...

≫続きを読む

 

ガイドヘルパー(移動介護従事者)

からだが不自由な方が外出をするときに手助けをするガイドヘルパーの資格取得方法を解説します。国家資格でもないガイドヘルパーは、都道府県が指定するガイドヘルパー講座をすべて履修すれば取得できる介護資格です。必ず試験に合格しなければならないという決まりはないので比較的気楽に取得することができる介護資格です...

≫続きを読む

 

介護予防運動指導員

介護予防運動指導員は国家資格ではありません。民間資格となっているため、通信講座や通学講座で介護予防運動指導員に関わる科目を学び、知識を身につけた上で試験に合格すれば取得できます。主な取得方法としては通信講座・通学講座のどちらかになります。ただし、介護予防運動指導員の試験を受けることができるのは受験資...

≫続きを読む

 

福祉用具専門相談員

車いすや歩行器、入浴用リフトなどの貸し出しや利用者への説明を専門的に行う福祉用具専門相談員の資格取得方法について説明します。福祉用具専門相談員は通信講座や資格専門のスクールで基礎知識から応用を学んだ上で取得することができる資格です。試験がないので講座を受講するだけで取得することができ、比較的すぐに得...

≫続きを読む

 

福祉住環境コーディネーター

介護を必要としている人や何かしらの障害を持っている人が安心して生活することのできる住まい環境をつくっていく役割を担っているのが福祉住住宅コーディネーターです。福祉住環境コーディネーターはあまり注目されていなかった職業でもありますが、高齢者が増えてきたことと高齢者に向けての住まい環境整備が保険内容に組...

≫続きを読む

 

高齢者コミュニケーター

介護関連の施設で働いている多くの人が実感する“高齢者とのコミュニケーション”の難しさを解消することができる介護資格があります。それが「高齢者コミュニケーター」です。高齢者コミュニケーターは高齢者とどのように接していけば良いのかコミュニケーション方法を基礎から応用まで学ぶことができます。コミュニケーシ...

≫続きを読む

 

社会福祉士

社会福祉についての相談やアドバイスを行うことになる社会福祉士の資格は国家試験にパスしなければ取得することはできません。社会福祉士の取得方法はさまざまな方法があります。四年制の福祉系大学で指定されている科目(18科目)がを履修する、3年の短期大学で学んだ後に指定された施設で1年以上の実務経験があること...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ