福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

検定試験に合格が必須の「福祉住環境コーディネーター」

介護を必要としている人や何かしらの障害を持っている人が安心して生活することのできる住まい環境をつくっていく役割を担っているのが福祉住住宅コーディネーターです。
福祉住環境コーディネーターはあまり注目されていなかった職業でもありますが、高齢者が増えてきたことと高齢者に向けての住まい環境整備が保険内容に組み込まれたことにより、将来性ややりがいのある仕事として注目されるようになりました。
建築業に興味があり、人がよりよい環境の中で暮らしていくことができるように役立ちたいという方にはぜひ取得してほしい資格です。
福祉住環境コーディネーターを取得するためには検定試験を受けて合格しなければなりません。
検定試験を受けるために「通信講座」「通学講座」「独学」の3つの方法があります。
通信講座では社会人から主婦、定年退職をした方のほとんどが利用しており、自分のペースで学ぶことができると好評です。
1番早いスピードで取得できるのは通学講座になります。
仕事や学校帰りに通学講座で学び、福祉住環境コーディネーターに必要な知識・スキルを身につけていきます。そしてそのまま検定試験を受けることになるので安心です。
ほとんどの通学講座では約3ヶ月の期間が設定されています。
商工会議所でも定期的に福祉住環境コーディネーターの講習会も行っているのでぜひチェックしてみてください。
また、福祉住環境コーディネーターにも1級・2級・3級とレベルが変わり、検定試験もそれぞれ違います。
2級や3級は主に基礎的な問題となりますが、1級になるとレベルが大きく違い、応用編ばかりの問題となります。
初めて福祉住環境コーディネーターの資格を取るのであれば3級から取得するのがお勧めです。


ホーム RSS購読 サイトマップ