社会福祉士

社会福祉士

細かい受験資格の規定がある「社会福祉士」

社会福祉についての相談やアドバイスを行うことになる社会福祉士の資格は国家試験にパスしなければ取得することはできません。
社会福祉士の取得方法はさまざまな方法があります。
四年制の福祉系大学で指定されている科目(18科目)がを履修する、3年の短期大学で学んだ後に指定された施設で1年以上の実務経験があること、2年制の短期大学であれば実務経験が2年以上になるので注意してください。
また、四年制大学や短期大学で学んだとしても履修科目が12科目であれば短期養成施設に6ヶ月以上通い学ばなければなりません。
履修科目は福祉教職課程となっており、社会心理学や社会学、
児童福祉・身体障害者福祉・知的障害者福祉・老人福祉士として4年以上働いている人も同等です。
国家試験の前に一般養成施設で1年以上の実務経験がなければ試験を受けることができないとされているのは、4年制の一般大学で指定されている科目を履修していなかった人、指定されている施設で4年以上働いている人、一般短大(2〜3年)で基礎科目を履修せず、かつ実務経験が1年〜2年以上の人となっています。
このように、自分の状況によって必要な受験資格が変わってくるので事前に確認しておくことをお勧めします。
養成施設での経験が必要かどうか、どのくらい経験がないといけないのか分かります。
これらの受験資格をクリアした上で社会福祉士としての試験を受けることができるので少しややこしくなりますが、大事なことなので頭の中に入れておいてください。
そして見事、社会福祉士の試験に合格することができれば社会福祉士の登録証が与えられ、社会福祉士として働くことができるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ