実務者研修

実務者研修

まずは、通信講座でも勉強ができる「実務者研修」

実務者研修の取得方法はとても簡単です。
今まで介護職の経験がまったくない方でも気軽に取得することができるので安心してください。
専門学校に通っている学生の多くが1番はじめに取得する介護資格でもあり、一般人のほとんどが通信講座を利用して実務者研修を習得しています。
通信講座はインターネットや電話、新聞にはさまっている広告から申し込みをすることができます。実務者研修の申し込みができればそのまま教材セットが自宅に送られてきます。
実務者研修を修了させるために必要な時間は約450時間、半年で取得することができます。
教材セットの費用は通信講座によってさまざまですが、約10万円〜12万円ほどで学ぶことができるのでそこまで高くはありません。
通信講座だけでなく、資格を中心に運営している専門スクールでも受講することができます。
自分のペースで実務者研修を学んでいきたいのであれば通信講座がお勧めですし、早く修了したいのであればスクールがお勧めです。
働きながらスクールに通えるように授業時間が夜の18時〜22時までと夜遅くまで行っているスクールもあります。
実際にサラリーマンやOLがたくさん通っているのでスクールに通うこと自体が恥ずかしいとは思いません。
実務者研修のカリキュラムでは、介護の基本や社会の理解、介護過程、生活支援技術、コミュニケーション技術、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解、医療ケア、こころとからだのしくみなどさまざまな科目を学びます。
それぞれきちんと修業時間が決まっているので必ずこなしていかなければなりません。
実務者研修は介護資格のなかでも卒業試験というものがないので、必要な受講時間をすべて受ければ実務者研修として働くことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ