ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャー(介護支援専門員)

「ケアマネージャー(介護支援専門員)」の厳しい受験資格

ケアマネージャーの取得方法は一定の資格と実務経験をもっていなければ試験を受けることはできません。
実務者研修のように誰でも取得できるとは限りませんので注意してください。
受験資格がある人は大まかに分けると3つあります。
1つ目は指定されている国家資格を持っている人です。
ケアマネージャーの受験資格がある国家資格とは医師、看護師、保健師、社会福祉士、介護福祉士、薬剤師、作業療法士、理学療法士、歯科衛生士、はり師、きゅう師、栄養士などさまざまです。
これらの国家資格を持っている方であればケアマネージャーの試験を受けることができます。
2つ目は相談援助業務の経験がある人です。
身体障害者療養施設や児童福祉施設、医療機関などで生活指導員、老人福祉に関するお仕事に就いていた方は受験することができます。
3つ目は介護関連の業務を経験したことがある人です。
身体障碍者更正施設、有料老人ホーム、介護老人施設等で働いたことのある人はケアマネージャーの受験資格があります。
これら3つのどれかに当てはまる人であれば受験資格をもらうことができるのですが、ただあてはまるだけではケアマネージャーの試験を受けることはできません。
さらにここに5年以上900日以上、実際に仕事を経験しているかどうかが大事なポイントとなってきます。
まったく働いたことがない、経験したことがない、まだ3年しか経過していないという人はケアマネージャーの受験資格がありません。必ず5年以上勤務していなければ試験に挑戦することはできないので注意してください。
ケアマネージャー(介護支援専門員)は実務経験があるからこそ取得できる試験と言える貴重な資格です。


ホーム RSS購読 サイトマップ