介護予防運動指導員

介護予防運動指導員

通信講座がおすすめ「介護予防運動指導員」

介護予防運動指導員は国家資格ではありません。
民間資格となっているため、通信講座や通学講座で介護予防運動指導員に関わる科目を学び、知識を身につけた上で試験に合格すれば取得できます。
主な取得方法としては通信講座・通学講座のどちらかになります。
ただし、介護予防運動指導員の試験を受けることができるのは受験資格をクリアした人のみとなるので注意してください。
受験資格とは、ある特定されている資格を保有している人です。
柔道整復師、介護福祉士、社会福祉士、歯科衛生士、はり師、きゅう師、栄養士、介護支援専門員、マッサージ指圧師、准看護師、介護支援専門員、保健師、助産師、看護師、理学療法士、作業療法士、健康運動指導士、マッサージ指圧師などさまざまな資格があります。
それらの資格を持っている人であれば介護予防運動指導員の試験を受けることができます。
試験に合格すれば修了書・登録証が届けられます。
受講内容はしっかり決められており、介護予防概論や介護予防評価学、高齢者筋力向上トレーニング、リスクマネジメント、転倒・失禁予防など多数の科目を学ぶことになります。
すべて合わせると約32時間ほど学ばなければなりません。
介護予防運動指導員も各都道府県が指定している講座に申し込み、受講していくことになります。
自分のペースで学ぶことができる通信講座・通学講座を選んでください。無理のない程度で学びながら資格を取得し、今後の介護関連の仕事へ活かせられます。
少子高齢化が進んでいる日本は介護関連のお仕事がこの先もっとたくさん出てくると考えられているので介護予防運動指導員としての将来性は大いにありえます。
ぜひチェックしてみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ