福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員

講座受講のみ、試験なしで取得可能な「福祉用具専門相談員」

車いすや歩行器、入浴用リフトなどの貸し出しや利用者への説明を専門的に行う福祉用具専門相談員の資格取得方法について説明します。
福祉用具専門相談員は通信講座や資格専門のスクールで基礎知識から応用を学んだ上で取得することができる資格です。
試験がないので講座を受講するだけで取得することができ、比較的すぐに得ることができます。
授業内容には老人保健福祉に関する基礎知識、介護と福祉用具に関する知識、関連領域に関する基礎知識、福祉用具の活用に関する実習などそれぞれ受講時間も決められており、全部で約40時間の内容となっています。
たった40時間受講するだけで福祉用具専門相談員の資格が取得できるのは嬉しいです。
仕事や家事・育児で忙しい人でも通信講座を利用すれば自分のペースで学ぶことができます。多少時間はかかってしまうかもしれませんが、比較的早く取得することが可能です。
スクールに通うと5日間で取得できます。
スクールや通信講座選びは、しっかり厚生労働大臣が指定しているところを選ばなければなりません。
費用はスクールによって変わりますが、約5万円〜4万円で講習会を受講することができます。お値段もそこまで高くはありませんし、たった5日間で取得できることから介護関連のお仕事に興味のある方が受けている資格でもあります。
福祉用具専門相談員という資格は今まであまり注目されてはいませんでしたが、介護にかかせない用具を利用する際にその用具の知識をもっているとより的確に利用者に指示・説明をすることができ、役に立つことは間違いありません。
これから介護施設で働こうと思っている方でも福祉用具専門相談員は試験も受験資格もないので気軽に取得することができるお勧めの資格です。


ホーム RSS購読 サイトマップ