介護保険事務(ケアクラーク)

介護保険事務(ケアクラーク)

通信講座やスクールでも取得が可能な「介護保険事務(ケアクラーク)」

介護関係の施設で受付業務や介護保険に関する案内に欠かせない介護保険事務(ケアクラーク)の取得方法は通信講座や資格スクールの2通りがあります。
街中や主要駅の前にはさまざまな資格を取得することができる専門のスクールがいくつか存在しています。
スクールの選び方としては自分がもっとも通いやすい場所にあるスクールか、または費用が1番安く内容が充実しているところを選ぶことをお勧めします。費用が安くても講義の回数が少ないこともあるので慎重に選ばなければなりません。
スクールで介護保険事務について1ヶ月半ほど学ぶことができれば試験に合格することができます。
あまり時間はかかりませんし、お仕事帰りに気軽に講座を受けることもできますが、時間に縛られてしまうので仕事や家事で忙しい方は通信講座がお勧めです。
通信講座は自宅でテキストをみながら介護保険事務について知識を身につけることができます。
自分の生活リズムに合わせて仕事がお休みの日や子供たちが学校に行っている間に勉強をすることができます。
その人のペースによって取得するまでの時間は変わりますが、4ヶ月〜半年で取得が可能です。通信講座で介護保険事務を取得するためには自分でしっかりと計画を立てなければなりません。
また、わからないところがあれば直接質問をすることができないとデメリットがあると思いますが、今の通信講座のほとんどは質問を電話やメール、FAXで受け付けているところもあるので安心してください。
自分で介護保険事務についてのテキストを購入して独学で受験をするという方もいらっしゃいます。
独学は自分自身との戦いになるのでしっかりと計画をたて、自分に合った教材・テキストを見つけて勉強していくことが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ