介護資格最短取得マニュアル《費用も抑えて資格ゲット》

介護資格の難易度

実務者研修

平成27年度から実務者研修を必ず修了しておかなければ国家資格である介護福祉士を取得することができなくなります。介護福祉士を取得するためにはまず、実務者研修をクリアしなければならないのです。介護福祉士になるために段階が増えたことで難易度も上がると思ってしまいますが、実務者研修は試験がないので必要な授業...

≫続きを読む

 

介護福祉士は国家資格

国家資格はさまざまな種類がありますが、難易度について調べる場合、難易度が高いものからS、A、B、C、Dと5段階に分けることができます。超難関レベルのS、難関レベルのA、普通レベルのB、やや易しいレベルのC、易しいレベルのDです。どのような基準で5段階の難易度に分かれているのかというと、試験の出題範囲...

≫続きを読む

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

正式名称が「介護支援専門員」と呼ばれているケアマネージャーはケアプランの考案から作成、生活のサポートがスムーズにできるように調整・管理をしていく大事な役割でもあります。介護保険制度におけるケアマネージャーの役割はとても重要であり、資格を取得する人も徐々に増えてきています。これから取得しようと考えてい...

≫続きを読む

 

介護保険事務(ケアクラーク)

介護施設を利用する人の手続きや介護保険についての説明を利用者に対して行う介護保険事務(ケアクラーク)の難易度は低いです。ほかの介護資格と比較してみても試験に必要な範囲が狭いので仕事や家事と勉学を上手に両立して資格を取得することができます。取得しやすい資格であることから近年、急激に合格率が伸びており、...

≫続きを読む

 

ガイドヘルパー(移動介護従事者)

体が不自由な方や高齢者の方が外出をするときに手助けを行うガイドヘルパー、移動介護従事者とも呼ばれている職業はこれからどんどん需要が増えていきます。日本は少子高齢化が進んでいるので介護資格は年々注目されています。その中のひとつであるガイドヘルパーも同じです。ガイドヘルパーは国家資格ではなく、民間資格で...

≫続きを読む

 

介護予防運動指導員

主に体を自由に動かすことが難しくなった高齢者に対して、快適に生活することができるように運動のサポートをしていくのが介護予防運動指導員の役割です。指導する高齢者の体に合った運動プログラムを組み、その日の調子を考えてサポートをしていかなければなりません。状況判断やさまざまな運動指導を頭に入れておかなけれ...

≫続きを読む

 

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員の難易度は非常に易しいです。受験資格はありませんので誰でも取得できる介護資格ですし、取得するための試験もありません。指定されている福祉用具専門相談員の講習会に参加して受講していくだけで取得することができる介護資格です。受講内容には老人保健福祉に関する基礎知識や介護と福祉用具に関する...

≫続きを読む

 

福祉住環境コーディネーター

最近注目されつつある福祉住環境コーディネーターは、高齢者がより住みやすい環境づくりをする大事な役割を担っています。介護資格を取得するときに気になる“難易度”ですが、福祉住環境コーディネーターの難易度は個人差にも寄りますが1級・2級・3級と難易度がそれぞれ変わってくるので注意が必要です。福祉住環境コー...

≫続きを読む

 

高齢者コミュニケーター

介護資格の中でも人気度が高い“高齢者コミュニケーター”は高齢者とのコミュニケーション技術を学ぶことができる資格です。難易度は非常に易しいことで人気が高まっていることもあります。誰でも気軽に取得することができる資格となっているため、それが人気度に反映している部分でもあるのです。高齢者コミュニケーターに...

≫続きを読む

 

社会福祉士

介護福祉士・精神保健福祉士・社会福祉士と3つの福祉士は国家試験として認定されています。国家試験である介護福祉士のレベルはやや易しいレベルのCとなっていますが、社会福祉士はランクがもうひとつ上の普通レベルBです。つまり、介護福祉士よりも少し難易度が高いということになります。社会福祉士の合格率は約30%...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ