社会福祉士

社会福祉士

介護福祉士よりは難易度が高めの「社会福祉士」

介護福祉士・精神保健福祉士・社会福祉士と3つの福祉士は国家試験として認定されています。
国家試験である介護福祉士のレベルはやや易しいレベルのCとなっていますが、社会福祉士はランクがもうひとつ上の普通レベルBです。
つまり、介護福祉士よりも少し難易度が高いということになります。
社会福祉士の合格率は約30%程度となっています。30%なので少しは難しい部分があり、勉強をしっかりしておかなければ合格することはできません。
どこか難しくなっているのかというと、とにかく社会福祉士の試験範囲は広いということにあります。
試験範囲が広いと勉強しなければならない範囲も広くなってしまうのでより豊富な知識と情報を頭の中にいれておく必要があります。
しっかり勉強しておけば合格できる試験なのでそれほど心配することはありません。安心してください。
ただ範囲が広いということと、勉強にかける時間を増やさなければ必要な知識を身につけることができないということを知っておかなければなりません。
仕事や家事・育児をしながら勉強をすることは難しいですが、上手に配分を考えて自分で勉強スケジュール通りに行っていけば合格することはできます。
合格率が30%でもしっかり勉強しておけば合格できる介護資格です。
自分で勉強することが難しいのであれば資格スクールに通った方が効率的ですし、自分のペースでゆっくり勉強していきたいのであれば通信講座での勉強がお勧めです。
自分に合った方法で社会福祉士の勉強についてしっかり学んでいき、試験を受けて合格を目指してください。
社会福祉士の資格を取得できれば、さまざまな場所で活躍することができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ