ガイドヘルパー(移動介護従事者)

ガイドヘルパー(移動介護従事者)

実務研修を終了すれば取得可能「ガイドヘルパー(移動介護従事者)」

体が不自由な方や高齢者の方が外出をするときに手助けを行うガイドヘルパー、移動介護従事者とも呼ばれている職業はこれからどんどん需要が増えていきます。
日本は少子高齢化が進んでいるので介護資格は年々注目されています。その中のひとつであるガイドヘルパーも同じです。
ガイドヘルパーは国家資格ではなく、民間資格です。
民間資格であることから国家資格の介護福祉士と比べると取得しやすい介護資格となっています。
さらに、試験をして合格しなければ取得できないというような資格でもないので案外楽に取得できるものなのです。
ガイドヘルパーに必要な知識と情報を身につけた上で実務研修を修了すればそのままガイドヘルパーの資格を取得することができます。
受験形式ではない分、安心して研修を受けることができます。
ガイドヘルパーの難易度に関わることになる種類がガイドヘルパーには3つあります。
それはガイドヘルパーの対象となる人が「視覚障害者」「知的・精神障害者」「全身性障害者」のどれかに当てはまるかどうかで内容も変わってくるので注意してください。
例えば、視覚障害者は点字をすべて覚えなければなりませんし、全身性障害者は車椅子や移動方法などすべての知識を頭に叩き込みます。
研修では実際に介護施設等で研修も行われるので責任感を持って研修を受けなければなりません。
授業態度が悪ければそこで退出させられることもあります。
ガイドヘルパーは命にかかわる重要な役割を担っているため、すべての研修内容を受けるときは真剣な気持ちで受講しなければなりません。
難易度は低い介護資格ですが、取得するためには覚悟をもって研修を受けるべきです。


ホーム RSS購読 サイトマップ