実務者研修

実務者研修

挑戦しやすく難易度も低めの「実務者研修」

平成27年度から実務者研修を必ず修了しておかなければ国家資格である介護福祉士を取得することができなくなります。
介護福祉士を取得するためにはまず、実務者研修をクリアしなければならないのです。
介護福祉士になるために段階が増えたことで難易度も上がると思ってしまいますが、実務者研修は試験がないので必要な授業内容をこなし、決められている学習時間をこなすだけで取得できるものです。
よって難易度はそこまで高くはありません。
介護について未経験で、あまり知識をもっていない人でも気軽に授業を受けることができます。
実務者研修の学習は通信講座でも可能ですが、必ず学校で講習を受けなければならない授業内容も含まれているため資格が取得できるスクールがお勧めです。
授業の合計学習時間は450時間となっています。
社会福祉制度や医療の知識、認知症の理解、障害の理解、介護過程、介護技術などさまざまな内容を学んでいきます。
授業内容はあまり難しくはなく、高校卒業レベルほどです。なので授業についていけるかどうか不安に思っている方でも安心して受けることができます。
それでももし授業内容についていけるかどうか不安な方は自分のペースで授業を受けていくことができ、少しずつ実務者研修の単位を取得していくコースがお勧めです。
早く実務者研修を修了させたいという方は6ヶ月間の短期集中型がお勧めです。
自分が気楽に実務者研修の授業を受けていくことができるコースを選択して学んでいくことがポイントです。
決して難しくはないレベルですし、試験に合格しなければいけないということもないのでほかの介護資格よりも比較的安心して授業を受けることができるので安心してください。


ホーム RSS購読 サイトマップ