ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャー(介護支援専門員)

実務経験必須、合格率が低めの「ケアマネージャー(介護支援専門員)」

正式名称が「介護支援専門員」と呼ばれているケアマネージャーはケアプランの考案から作成、生活のサポートがスムーズにできるように調整・管理をしていく大事な役割でもあります。
介護保険制度におけるケアマネージャーの役割はとても重要であり、資格を取得する人も徐々に増えてきています。
これから取得しようと考えている方にとって1番気になるのがケアマネージャーの難易度です。
ケアマネージャーの受験資格をみてみるとある程度介護施設等で実務経験が必要になっています。約5年以上ほどの経験が欠かせません。
5年以内の実務経験でもケアマネージャーの試験を受けることはできないので注意してください。
ケアマネージャー試験自体、そこまで難しくはなく、やや易しいレベルと認識されています。
受験者数からみた合格者数をみていくと平成24年度の受験者数が146,586人に対し、合格者数は27,905人と記載されています。ここからみてみると合格率は約19.0%です。
やや易しいレベルと認識されていますが、あまり合格率は良くありません。
平成23年と平成22年も合格率は15%〜20%の間を行き来している状態です。
試験内容はレベルが高くないけれどもなぜ合格率が低いのかというのは、学校や仕事、家事をしながら空いた時間を利用して勉強しなければならないというケースになっている人が多いという理由が挙げられます。
なかなか勉学と仕事・家事を両立することができないのです。
合格するコツはいかに自分でスケジュールを組み、毎日バランス良く勉強していけるかどうかが鍵となります。
絶対に合格したい人は体に無理のないように上手な時間の使い方をしていかなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ