介護福祉士は国家資格

介護福祉士は国家資格

国家資格の中では普通レベル「介護福祉士」

国家資格はさまざまな種類がありますが、難易度について調べる場合、難易度が高いものからS、A、B、C、Dと5段階に分けることができます。
超難関レベルのS、難関レベルのA、普通レベルのB、やや易しいレベルのC、易しいレベルのDです。
どのような基準で5段階の難易度に分かれているのかというと、試験の出題範囲、平均的な問題のレベルや解答方式、受験資格、合格するために必要な学習時間などさまざまな点から考察されています。
介護福祉士は国家資格のひとつになります。
そこで5段階のどこにあてはまるのか調べてみました。
介護福祉士の難易度は国家資格の中では普通レベルのCとなっています。
医療・福祉・介護関連の国家資格の中で1番レベルが高いものはSクラスの医師であり、難しいと一般的に認識されている薬剤師や歯科医師はAクラスに分類されます。
ほとんどの介護関連の資格は普通レベルのCとなっているので国家試験の中ではあまりレベルの高いものではありません。
その点についてみれば難易度は普通と言えますが、介護福祉士としての資格を取得するためには必要な学習は欠かせません。まったく勉強しなくても合格できるとは限りませんので注意してください。
以前までは介護福祉士は高校入学レベルと言われていました。しかし、介護関連の職が増えてくるだろう考えられ介護福祉士として働く人は社会的地位がある者として区別するためレベルは徐々に上がっている傾向がみられます。
その証拠に平成27年からは実務者研修を修了しなければ受験できないという受験資格が追加されることになりました。
介護福祉士としての質が向上するとともにレベルも上がります。


ホーム RSS購読 サイトマップ