介護保険事務(ケアクラーク)

介護保険事務(ケアクラーク)

取得しやすく半数以上の合格率「介護保険事務(ケアクラーク)」

介護施設を利用する人の手続きや介護保険についての説明を利用者に対して行う介護保険事務(ケアクラーク)の難易度は低いです。
ほかの介護資格と比較してみても試験に必要な範囲が狭いので仕事や家事と勉学を上手に両立して資格を取得することができます。
取得しやすい資格であることから近年、急激に合格率が伸びており、受験者数も年々増加傾向にあります。
介護保険事務は試験を行う日にちも多く、1月・3月・5月・7月・9月・11月と2ヵ月ごとに試験を行うため、受験者数も非常に多いのです。
さらに受験形態は指定された会場で受けることがほとんどですが、介護保険事務は在宅でも試験を受けることができます。まだ小さい子供を育てているお母さん方には嬉しい受験形態です。
受験資格はいっさい決められていないので誰でも受験することができます。
介護に関して未経験者でも介護保険事務について学んでおけば自由に受けることができるようになっています。
よって、介護保険事務について独学で学ぶ人も多いのです。
介護保険事務の難易度を分かりやすく数字で表すと合格率は55%〜60%と高い数字を維持しています。
試験を受けた半分以上の人が合格できる介護資格ということになります。
気軽に介護保険事務の試験を受けることができるように、自信がもてるのではないのでしょうか。
試験範囲もとても狭いため、仕事や育児で忙しい人でも取得しやすい介護資格であり、介護関連のお仕事に就くために何かしら資格を取得したいのであれば介護保険事務がお勧めです。
受験のチャンスはたくさんありますし、気軽に受験することができる介護資格のひとつです。
これからもっと受験者数が増えてくるものと考えられています。


ホーム RSS購読 サイトマップ